シンボルツリーを植えよう

 白やピンク色の華やかな花を咲かせ、春の訪れを告げるハナミズキは庭に植えやすい木として大変人気があります。もともとは明治末期(1912年)当時の東京市長だった尾崎行雄がワシントンD.C.の親日家たちに3000本のサクラの苗木を贈ったところから、返礼として3年後の大正4年(1915年)にアメリカから寄贈されたのが始まりです。当時は日本のヤマボウシに似ていたので、アメリカヤマボウシと名づけられましたが、その後、花が美しいミズキということから、ハナミズキと呼ばれるようになりました。

分類: 落葉高木
英名: Cornus florida
科名: ミズキ科
属名: ミズキ属
原産地: 北アメリカ、メキシコ北東部
樹高: 4~10m。家庭園芸は3mまで。
葉張り(樹冠の横幅): 4~10m


 日当たりと水はけのよい肥沃な場所を選びましょう。特に土質は選びませんが、砂質や粘土質の場合は腐植土や堆肥を多めに混入して土壌を改良して植えると元気に育ちます。普通の庭土なら、植え穴の底土に腐葉土2、3リットルと緩効性化成肥料一握り混ぜて植えつけます。適期は11月中旬から12月中旬または1月から3月上旬です。

 放任すると4~10mの小高木となります。若木(10年生まで)のうちは中心の幹がまっすぐ伸びて円錐形になりますが、成木になると樹冠が横に広がります。丈夫で育てやすいのが特徴です。
 剪定は徒長枝や込み合う枝を間引く程度で十分です。お庭に合わせて樹高を高くしたくない場合は幹を2m前後のところで切り、横枝を張らせるように剪定します。太い枝を切るときには小枝を残し、そのすぐ上で切るのがポイントです。

 庭植えはほとんど必要ありませんが、植え付け後2年以内の苗木で乾燥が続くときには十分な水やりをしてあげましょう。また、花後に化成肥料(N-P-K等量)を樹冠の下の全面に薄くばらまき、表土に混ぜ込むようにしてあげましょう。


 若木にはカミキリムシの幼虫が入ることがあります。見つけ次第、殺虫剤を穴に詰めるなどして駆除してあげましょう。また、梅雨時、初秋にうどんこ病が見られる場合にはミラネシン水溶剤などですぐに防除してください。

Copyright (C) WOODY HOUSE All Rights Reserved.