シンボルツリーを植えよう

 ナツツバキ(シャラ)、ヒメシャラはシンボルツリーとして大変人気のある花木です。ナツツバキは花がツバキに似ていることからこの名がつきました。6月~7月頃に直径5~7cmの白くかわいい花がたくさん咲きます。
 ヒメシャラはナツツバキによく似ていますが、ナツツバキより一回り花が小さく、直径2cmぐらい、葉も小ぶりなのが特徴です。
 両種とも樹高10~20mにもなる高木ですが、庭では樹高3~5mの株立ちのものがよく使用されています。

分類: 落葉高木
英名: Stewartia pseudocamellia
科名: ツバキ科
属名: ナツツバキ属
原産地: 本州~九州
樹高: 10~20m
葉張り(樹冠の横幅): 2~5m


 土や堆肥などを多めに入れて土壌改良をしてから植えつけます。このとき、深植えにしないことがポイントです。株元に敷きわら、腐葉土などでマルチングしておくと元気に育ちます。アプローチなどに植える場合は、半日程度の日当たりでも十分育ちます。

 剪定は落葉木にします。太い枝を生育期に切ると、切り口から腐ることがある為です。樹形は基本的には自然樹形(ほうき立ち形)で、主な剪定は重なり枝や密生した枝の枝すかし、飛び出し枝の剪定を行います。枯れ枝が出てしまうのは日当たりが悪いことが原因ですので、必ず枝すかしを行いましょう。また、太い枝を切った場合は切り口に必ず保護剤を塗ってあげましょう。

 夏の乾燥に弱いので、地表面が白く乾いたら水をあげて下さい。乾きやすいところではできればマルチングをしてあげた方が効果的です。
 草花が育つところであれば肥料はほとんど必要ありません。植えつけ後、2~3年たっても育ちが悪い場合は冬に成木1本当たり堆肥(腐葉土)10リットル、化成肥料100~200gを目安に寒肥をあげましょう。


 特にありません。

Copyright (C) WOODY HOUSE All Rights Reserved.