News

2019.05.13

2019年度ZEH普及実績

ZEH目標公表資料

◆ZEHの周知・普及に向けた具体策
 私たちウッディハウスは、省エネルギー&創エネルギーによるネットゼロエネルギーハウス(ZEH)のメリットを、ホームページをはじめとする各種媒体を通じてお客様に知って頂く活動を続けてまいります。
 また、設計計画においても、私たちウッディハウスが提案するZEH低コストモデルプランを最大限に活用し、これから住宅のご新築をご検討されていらっしゃるお客様にとって、ZEHという選択肢を広げて頂けるよう社内環境の整備をより一層進めてまいります。
◆ZEHのコストダウンに向けた具体策
 外皮計算や一次消費エネルギー量計算については自社で実施し、設計計画段階における時間的な削減や外注による経費の圧縮を実現します。
 また、ZEHを構成する高性能断熱材をはじめとした高断熱サッシやガラス、高効率設備等に至るまで、資材メーカーや商社を絞り込むことで一括集中発注を実現し、資材のコストダウンを実現します。
 併せて、設計計画段階においてはシンプル且つ機能的な間取り・外観の提案を行い施工コストを削減、お客様にとってZEHがより身近なものとなるよう創意工夫を致します。
◆その他の取り組みなど
 外皮の高断熱化や太陽光発電システムに頼らずに、夏季には日射遮蔽や通風利用による快適な住空間の実現。冬季には日射取得による太陽の暖かさを積極的に取り入れ、自然エネルギーを上手に利用した“パッシブデザイン”を推奨し、住宅の更なる省エネルギー化を目指します。
◆今後の普及率目標(年度毎)