和みの家

忘れ去られることのない、古(いにしえ)の記憶。

優しさにも似た、懐かしい匂い。
凛と心を研ぎ澄まし、流れゆく時を静かに感じる…
この家(場所)で
時は、過ぎ去りはしない。
けれど、重なりゆく時間は
いつもとは違う毎日を、ゆっくりと紡いでゆく…
今という時を生きる私たちにとって、“和”という選択は今と昔を交錯させ
また、新しい暮らし方を生み出していく。